スポンサーリンク

ハハは「はてなブログ」のプロになろうと決めた!

はてなブログプロへの道

50代半ばで、ブログを再開しました。
再開というより、一昔前とは違った挑戦になりそうで、ワクワクしています。ブログ再開は「はてなブログ」でスタートしたのですが、そんないきさつなど、どうぞお付き合いませ。

スポンサーリンク

我が家のパソコン事情

オットの仕事柄、30年くらい前から家にはパソコンがあリました。
時は平成の始まり、日本の経済は好景気に沸き、みんな豊かであると思い込み浮かれていた時期です。本当に経済的に豊かな人もいたのでしょうけれど、右肩上がりは永遠に続くと思い込み、みんなシャボン玉のような幻想に揺られていました。
そんな頃でも、家庭でパソコンを保有しているという人はあまりいませんでした。

今となってはアラカンとか言ってますけど、当時はまだ若年夫婦。同じ職場で知り合ったもの同士でしたが、当時は「社内結婚すれば女が寿退社すべし」という、今じゃ考えられない慣習が当たり前に言われる時代でしたので、5年ほど勤めた会社を寿退社し、派遣やパートをする兼業主婦になりました。まだまだ薄給なオットの収入とパート収入じゃたかが知れていて、子どもはなかなか生まれなかったけど、貯金なんてできる余裕は全くありませんでした。

そんな中、車を買うか、パソコンを買うかで、夫婦喧嘩が勃発。
インターネットなんてもちろんない時代です。ワタシには、そのノートパソコンなるものは、ただの真っ黒な重たい漬物石くらいにしか思えませんでした。画面は文字通り真っ黒。きっと宇宙人にしか読めないへんな言語が並ぶ文字の色は赤。動画なんてもってのほか。写真やイラストさえ表示されない、面白くも何ともない代物でした。確か金額は、50マンとか60とか、そんな感じだったと思います。中古車や軽自動車だったら買えそうな、そんな金額でした。

そのノートパソコンとやらに、ワタシは乗れないし(乗ったらめっちゃ怒られるだろうし)、どこか楽しいところに連れて行ってくれるわけでもない。結局、その漬物石は、オットが仕事に使っていたのかどうか定かではないけれど(第一ワタシには読めないから)、我が家の中でもっとも高級品という地位に数年間居座っていました。

我が家のインターネット事情

それから数年後の1994年(平成6年)頃、「パソコン通信」や「ISDN(Integrated Services Digital Network:サービス総合デジタル網)」の普及によって、固定電話回線を使って、家庭でも世界と繋がれるという夢のような時代が我が家にもやってきました。インターネット時代の幕開けです。

その頃発売されたパソコンは、カラフルな画面で、ワープロ機能や年賀状の作成、ファックスだってできちゃう素晴らしい箱でした。我が家にもディスクトップパソコン(もう漬物石から数えて何代目かのパソコン)がやってきました。
これはワタシの格好のおもちゃになりました。

夜な夜な(夜11時から「テレホーダイ」という割引サービスがあったから)同じ趣味の人同士が集まるコミュニティに入り浸り、チャットをしました。通信を開始すると、電話は不通になってしまうので、極力昼間はやらないようにしていましたが、時々実家の母や知り合いから「お前のところに電話すると、いつも話し中なんだけど?」と言われることがありました。

そういえば、この頃には子どもが生まれ、昼夜を問わず、三時間ごとの授乳とか夜泣きで、真夜中でも起きていることが多かったから、都合が良かったのです。子守りをする傍で、パソコンの中の友だちと会話を楽しんでいました。外出がままならず、子育ての中で抱えてしまいがちなストレスもそこで発散していました。

以降、通信技術やサービス、インターネットは急速な進化を遂げてゆきます。
家庭でもパソコンを保有することが当たり前のようになってきました。
ハウツウ本を買ってきて、見様見真似でホームページを立ち上げたり、ブログを書いたりもしました。
まだSNSが普及する前ですから、ネット上のコミュニティは掲示板だったり、チャットだったり、メールでのやりとりです。メールだって、テキストだけじゃなくリッチテキスト(HTMLメール)を使いこなせる人は、少なかったのです。

あまりに進化の速度が急激すぎて、追いつけない大人たちは、訳のわからないネットの世界は危険に満ちており、子どもたちには絶対踏み入れてほしくないと心配をしました。確かに知らないと危険がいっぱいです。だからこそ、大人がまず知って、子どもたちには行くなと力ずくで制止するのじゃなく、こんなことがあるから危険なんだよと、きちんと教育しなければいけないと思っていました。家庭でも学校でも、今もまだネットリテラシー教育は進んでいないように感じます。

我が家の親子事情

だからと言って、我が家の子どもにそういった教育がしっかりできていたのか?と問われれば、決して胸はって「はい」とはいえないかもしれません。周りの子に比べれば、比較的早くから家にはパソコンがあったけれども、小学生のとき持たせた携帯電話はジュニア用の塾の行き帰りなどに親と通話するだけのものだったし、スマホがで始めたのは高校生〜大学生になるころで、どこの家でもあるように、親子のコミュニケーションが難しく悩むことも多かったので、教育をしたというより、子どもが勝手に身につけていったという方が正しいです。

で、今じゃその知識も経験も、ぼやぼやしている間に親を追い抜いて、アラカンには険しい山頂目指して向かってズンズン登って行ってしまいました。
そんな彼女から勧められたのが、今回のブログ活動の再開。
文章を書くだけでも十分、ボケ防止にはなりそうですが、ただ書くだけじゃなく、アクセス解析だのアドセンスだの、彼女の口からは理解に苦しむ宇宙語がポンポン出てきます。

ハハはオロオロしながらも、頑張ってみようと思いました。彼女はWordPressのユーザーですから、なんでも教えてあげるよ!と言ってくれたのに、あえて、はてなブログを選んでしまったので(それでも教えてもらうことはいっぱいありますが)、ハハは、はてなのプロになろう!と決めました。

さて。。なれるのかな?険しい道は続きます!

(追記)2021.10.18
上記のような覚悟を決めたはずなのに、やはりWordPressに移行してしまいました。引越し作業は、あたふたしながらゆっくり進めています・・。頑張ります。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました