猫と暮らす家

猫飼い初心者とツンデレ猫のはなちゃんとの日常

猫の目、何色?

ヒトの目の色が人種や生まれた環境などでいろいろあるように、猫の目の色もさまざまです。

うちのはなちゃんの目の色は、グレーに近い青色です。ガラス玉のように透明で美しく、見ているとつい引き込まれてしまいそうです。

今回は、猫の目について、お話をしようと思います。

 

 

  • 猫の目はなんであんなに輝いてるの? 
  • 猫の目の色っていろいろあるの?
  • (おまけ)猫を可愛く撮るコツ  など

について知りたい方に、読んでいただきたい内容となっています

 

 

猫の目の仕組み

 

猫は明かりのない暗闇でも、ものにぶつかることなくスムーズに歩くことができるし、落ちているおもちゃや食べ物を見つけることができます。ヒトの目に比べて7分の1の光の量で十分に、周囲の様子を識別できるといいます。暗がりの中で、猫の目がキラリと光って、びっくり!なんてこともよくある話です。

ヒトの目にも猫の目にも、光を集めて映像を映し出す網膜というのがありますが、猫の目には、その 網膜の裏に「タペタム」(輝板・きばん)という反射板がついています。目から入った光はタペタムに反射して網膜に返すことで、光を二倍にする効果があるそうです。狩猟動物のネコの仲間たちは、獲物がまだ寝ていて日が昇る前の時間から行動を始めますが、薄暗くても効率的に獲物の姿を捉えるような仕組みが備わっているというわけです。また、体のサイズにしては大きすぎる眼球を持ち、併せて瞳孔も大きいので、たくさんの光を集められます。

とはいっても視力はそれほど良くないようで、ヒトの10分の1ほどだといいますが、ワタシも視力はよくなくて、裸眼で0.1以下ですから、もしかすると猫の方がいいかもしれません。ヒトは視力の弱さをメガネで補いますが、猫は視力の弱さを動体視力で補っている ようです。おもちゃや、ネコジャラシを目の前で素早く動かすと、猫は必死に目で追って興奮し始めるのは、俊敏な動きの小さな獲物を捉えるために必要な習性です。

はなとも
メガネは必需品!最近は小さいものが見えずらくて・・とほほ
 
はなちゃんはメガネかけなくても小さな小さな虫がよく見えるニャ!
 
はなちゃん

 

猫の目の色はいろいろ

 

子猫の頃(生後2ヶ月くらいまで)は、ほぼみんなブルーの目をしています。これを「キトンブルー(kitten blue)」といいます。メラニン色素の沈着が未熟な子猫の虹彩(こうさい)が青く見える状態のことです。成長と共にメラニン沈着が進み、本来の色に変化します。

うちの猫のはなちゃんは、生後半年を過ぎてもキトンブルーからほとんど変化はなく、グレーに近いブルーです。メラニン色素が少ないのでしょう。

 

f:id:nekonohanachan2021:20210925231705p:plain

はなちゃん

ほんとはもっと細かく分類されていますが、代表的なものをいくつか、メラニン色素が少ない順にご紹介します。

ブルー

メラニン色素が少ないので白猫に多いイメージですが、被毛の色は別の遺伝子の影響もあるので、一概に白猫とは限りません。

f:id:nekonohanachan2021:20210925211723p:plain

ブルーアイ

グリーン

宝石のようなエメラルドグリーン。

f:id:nekonohanachan2021:20210925211730p:plain

グリーン

ヘーゼル (hazel)

色素沈着が不安定で、中心の榛(はしばみ)色から青みががったグラデーションが特徴的な色合いです。日照が少ないヨーロッパの猫に多く見られるようなので、日本では珍しいかもしれません。

 

f:id:nekonohanachan2021:20210925233341p:plain

ヘーゼル

アンバー(琥珀・amber)

イエロー、ゴールドなどということもあります。

f:id:nekonohanachan2021:20210925211726p:plain

アンバー

カッパー(銅色・copper)

オレンジや、赤みがかった銅色の色あいです。メラニン色素が多いタイプです。

f:id:nekonohanachan2021:20210925211734p:plain

カッパー

オッド・アイ(odd-eye)

猫に限らずヒトも含む動物に起きる「虹彩異色症」で、左右の色が異なる瞳をオッドアイと呼びます。青色側の聴覚障害を併発していることがあります。
日本猫では、白地の三毛の猫に多く発症し、一方が金色、一方が青かグレーの瞳を持ち「金目銀目」などと呼ばれて、縁起がよいと重宝されていたようです。

f:id:nekonohanachan2021:20210925211757p:plain

オッドアイ

猫の目のよう

 

日本の諺(ことわざ)で、「猫の目のよう」という言葉があります。
「〇〇が言っていることは猫の目のようにコロコロ変わる」「あの人の機嫌はまるで猫の目のようだから、周りの人は振り回されて困るよね。」使い方はこんな感じです。猫の目(瞳孔)は、周辺の明暗によって丸くなったり、細くなったり、時には真っ赤に見えることもあり、激しく変化する様を表した言葉です。

猫の目のようなのは、晴れたり曇ったりする秋の空だったり、移り気な異性の心だったりしますね。

 

はなとも
秋は美味しいものがたくさんあって好きな季節だわ〜
 
はなちゃんはいつだってフードが食べたいにゃ! 
はなちゃん

 

猫を可愛く撮るコツ

 

猫の目(瞳)は、明るいと細くなり、薄暗いとまん丸になります。カメラに限らず、スマートフォンで撮るときも、日照下や部屋の灯りの下よりも、少し薄暗くなった頃、フラッシュは使わずに撮る と可愛い表情が撮れるのでオススメです。逆に、順光(明るいところ)で撮ると、目が鋭い感じになり、野生みが溢れたカッコイイ写真が撮れますよ!お好みに応じて、カメラの向きを変えて、楽しんでみてくださいね。

 

f:id:nekonohanachan2021:20210926090844p:plain

 

はなとも
左は窓に向って、右は背にしています。同じタイミングで撮っていますが、瞳の大きさが全然違って印象がだいぶ変わりますね!
 

 

後記


好奇心旺盛なはなちゃんに、いつも穴が開くほどじーっと見つめられますが、そんな時は、心の奥底を見透かされているような気がしてきます。その瞳に吸い込まれしまいそうな魔力のようなものさえ感じます。
猫の目って不思議で、とても魅力的です。

 

最後までお付き合いくださってありがとうございます。

ブログ村に参加しています。ぽちっと応援お願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ