スポンサーリンク

猫を迎える準備〜これだけは買っておきたい!小物篇

猫をお迎えする前に、用意しておきたいものはいろいろあります。どんなものを買っておけばいいか、小物を中心にご紹介しようと思います。

猫を迎える準備

・初めて猫をお迎えする方
・猫を迎えるのに何を買っておけばいいの?と悩んでおられる方
 に読んでいただきたい記事となっっています。

ケージやトイレ、キャリーバッグなどの必需品については、こちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

子猫のうちから慣らしておきたい猫の爪切り

どんなことにも猫の個体差というのはありますが、概ね手足を触られるのはあまり好きではないようです。手足を掴まれると自由を阻害されるからでしょうね。無理強いすると、手痛い猫パンチやキックを喰らうことになります。

子猫のうちから、慣れさせておけばだいじょうぶ!とおっしゃる先輩たちを見倣って、爪切りにチャレンジしてきましたが、半年経ってもなお、毎度激しく抵抗されます。

猫の爪は、玉ねぎのように層になっていて内側に新しい爪が生えてきます。猫が自分で爪を研ぐときは、古くなった外層部分を剥ぎ落とします。室内飼いの猫は、爪研ぎが不十分になりがちで、伸びすぎると太く硬くなり、大切な肉球に食い込んで傷つけてしまうことがありますので、飼い主は先っぽの鋭く尖った部分を定期的に切ってやる必要があります。

肉球をそっと押し込むようにすると爪が出てきますので、先の方だけちょこっと切ります真ん中のピンクの部分は神経が通っている部分ですから、傷つけないように気をつけてください

ワタシはいつも、寝落ちしたところを狙います。浅い眠りを繰り返す猫ですが、チャンスは突然訪れます。そろそろ切らなきゃという時期(2〜3週間ごと)には、ポケットに爪切り忍ばせておいてタイミングを伺っています。

f:id:nekonohanachan2021:20211002163729p:plain
はなちゃん
はなちゃん

爪切りは嫌いだにゃん!!

はなとも
はなとも

だからスパッと切れてさっさと済ませられるものを選びたいね!

ダメ!と叱らない。ここならいいよ!爪研ぎ

猫は少しでも爪が引っかかるところを見つければところ構わず爪研ぎをします。ダイソーなどでも段ボール製の爪研ぎが売っています。消耗品なので、たくさんあってもいいと思います。
ワタシは可愛いくて面白い、Awesome の爪研ぎをお勧めします。

f:id:nekonohanachan2021:20211002203709j:plain

ブラッシングはコミュニケーション猫用ブラシ

猫自身で毛繕いをしますが、飲み込んで毛玉を吐くことがあり、飼い主さんの悩みの種になったりもします。(うちのはなちゃんは短毛種のせいか?毛繕いが下手くそなのか?まだ毛玉を吐いたことがないのですが・・。)

長毛種なら毎日、短毛種でも2〜3日に一度はブラッシングしてあげることをお勧めします。

猫用のブラシは、目が細かく柔らかいので、嫌いではなさそうですが、ブラシに絡み付いた抜け毛を片付けるのがちょっと大変です。

f:id:nekonohanachan2021:20211002173926j:plain

ブラシの後の始末が楽なのは、ファーミネーター。
肌あたり部分が硬いので、はなちゃんはあまり好きではないようですが、抜け毛の処理はワンタッチで綺麗に取れるので、飼い主としてはとても便利です。

f:id:nekonohanachan2021:20211002174109j:plain

猫には換毛期というのが年に2度ほどあります。気候が暖かくなる3月ごろと、寒くなり冬毛に変わる11月ごろです。その時期は特にふわふわと、柔らかい猫の毛が宙に飛んでいることもあって気になります。部屋の掃除もこまめにしたいですね。最近では、猫のいるお家には必需品のコロコロも、フローリングに使えるものもあって便利になりました

安心できる居場所を作ってあげましょう

個体の好みがあって、せっかく買ったのに使ってくれないとか、ひょんなものが気に入ったりだとか、気まぐれな猫ちゃんの気持ちを推し量るのはなかなか難しいです。

うちのはなちゃんが気に入った寝床は、ケージ内のハンモックでした。なので、窓辺用に購入したのがこちら。

f:id:nekonohanachan2021:20211002192214j:plain

布の部分は外して洗濯可能です。名前も無料で入れてくれるし、はなちゃんはとても居心地良さそうだし、何より可愛いいし、大変気に入っていま

狩猟本能を刺激するおもちゃ

子猫のうちは、目の前でふわふわ動かせば、なんでもおもちゃになってしまいます。人の手も、ビニール袋も、紐も、猫にとって危険なものも(電気コードや、ボタン電池、画鋲なども)口に入れておもちゃにします。危険なものは片付けて、誤飲事故は絶対に防ぎましょう。おもちゃは安全なものを選んであげる必要があります。そして遊ばない時は、猫の手に届かない安全なところへ仕舞うように心がけましょう。

こちらは、3coins のキャットトンネル。トンネルで遊んでいるというより、紐を見つけて興奮しています。

f:id:nekonohanachan2021:20211002204807j:plain

後記

おもちゃなどは、猫ちゃんがおうちに馴染んできてから買っても遅くはありませんが、だんだんお部屋が猫仕様になってくると、お迎えの日が待ち遠しくて仕方がないといった感じになってきます。いいものを見極めて、慌てずしっかり準備をしながら、猫ちゃんをお迎えしたいですね。

最後までお付き合いくださってありがとうございます。

ブログ村に参加しています。ぽちっと応援お願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

  1. […] 猫を迎える準備〜物品篇その2猫を迎える用意しておきたい猫グッズhana-to… […]

タイトルとURLをコピーしました